【Portlandについて】

Oregon(OR)最大の都市で、人口は約60万人、都市圏を含めると230万人になります。

 

Portlandは、アメリカ西海岸北西部においては、Washington(WA)のシアトルに次ぐ2番目に人口が多い都市になります。

 

Portlandという名前は、Massachusetts(MA)のボストン出身の政治家とMaine(ME)のPortland出身の事業家が、それぞれ自身の故郷の名前を付けたいという想いを持っていたため意見がまとまらず、コイントスで決めたことに由来します。この時に使ったコインは "Portland Penny(ポートランド・ペニー)"と呼ばれていて、現在オレゴン歴史協会の本部に展示されています。

 

Portlandは100年以上も前から "The City of Rosese(バラの街)"という愛称があり、2003年にこの愛称が公式に採用されました。

 

また、近年は "Keep Portland Weird"というスローガンもあちこちで見られるようになり、市民あげてこの街を特別なものにしようとしています。

【Portlandを選ぶ理由】

【理由その1:生活環境が充実している】

 

何と言っても、Portlandを推す理由は全米が認める

 

『最も住みやすい都市全米一位』

 

としてアメリカでも注目されている街だからです。

 

また、Portlandは『最も環境に優しい街全米一位』という面もあり、それはPortlandの街づくりに顕著に表れています。

Portlandはアメリカでは珍しく公共交通機関が発達していて、Downtownから郊外へはバス・路面電車を使って比較簡単に行くことができます。

そんな街づくりであるところから、『自転車通勤が最もしやすい街全米一位』にも選ばれています。

【理由その2:大学のレベルが高い】

 

いくら生活環境が良くても、勉強する環境がなければ留学に来た意味がありませんね。

 

しかし、その心配はありません!

Oregon(OR)だけでなく、Portlandにもレベルの高い大学があるんですよ。

 

留学生に対してしっかりしたサポートがある州立・私立大学を選びましょう。

 

おススメの大学を一部紹介します。

<州立大学>

Portland State University:http://www.pdx.edu 

 

<私立大学>

Concordia University:http://www.cu-portland.edu

Lewis and Clark College:http://www.lclark.edu

Reed College:http://www.reed.edu

University of Portland:http://www.up.edu

【理由その3:遊びも充実しています!】

 

Portlandには、勉強の間に一息つける場所がたくさんあります。

 

留学は大変ですが、時には休息も必要。

楽しい時間を過ごすことができる場所やイベントがPortlandにはたくさんあります。

 

その中で、おススメを紹介します。

Portlandは地ビールの街:

 

地ビールや蒸留酒を生産する小規模な醸造所(マイクロブルワリー)や蒸留所(マイクロディスティラリー)が数多く存在し、醸造所に隣接するバーでその地ビールを味わうことができます。

Rose Garden:

 

"The City of Roses(バラの街)"という愛称のとおりバラの栽培が盛んで、とても美しいバラ庭園があります。

Saturday Market:

 

マーケットが始まったのは1974年、開催期間は3月~クリスマス・イヴです。

 

Portland Saturday Marketは、週末に開催されている野外でのクラフトマーケットで全米で一番長く続いています。

Rose Festival:

 

1907年から始まり100年以上も続く、オレゴン最大のお祭りです。

 

ポートランドは別名である"The City of Roses"は、このフェスティバルが由来です。