【入学審査手続きの流れ】

アメリカ留学を目指すと決めると、次に気になることは「アメリカの大学へ入学するにはどうすればいいのだろう?」というではないでしょうか。日本のような偏差値などがないアメリカの大学の入学基準は、私たち日本人にはわかりにくいものです。

 

しかし、いざ留学を決めたとしても、希望の大学への入学が許される必要最低限のTOEFLスコアを取得している方はなかなかいないでしょう。したがって、大学入学の前に英語力向上のため語学学校に入るという選択をすることになります。

 

しかし、もし希望する大学に必要なTOEFLスコアをすでに取得しているのなら、そのまま希望する大学へ出願申請をしても問題ありません。

 

そこでここでは、語学学校への入学および大学への入学手続きについて解説していきます。また、入学手続き終了後の必要手続きもお話します。


語学学校への入学手続き

州立総合大学、私立総合大学に併設されている語学学校に入学するには、英語の実力は問われません。

 

語学学校は、TOEFLスコアが大学の基準を満たしていない留学生のためにあるので、当然のことだと言えます。

 

入学を希望する大学に語学学校が併設されている場合、必要なTOEFLスコアをクリアできれば、そのまま特に手続きもなく大学へ上がることができます。

 

しかし、希望する大学に語学学校がなければ、それに近いレベルの大学に併設されている学校へ入学するのがよいでしょう。

 

語学学校がある大学へ一旦入学し、1~2年大学へ通い、その後取得した単位を移す、という手続きの方がスムーズにいきます。


大学入学への手続き

大学の授業についていける十分な英語力があると思うなら、語学学校へ行くことは考えず、希望する大学へ願書を出してもいいでしょう。

 

アメリカの大学には、日本の大学受験のような共通試験はなりません。SATなどのテストはありますが、日本のような共通テストとは意味合いが違うようです。

 

アメリカの入学審査は、それぞれの大学によって提出書類や審査基準が違います。

 

理由は、多くの大学が多様性の富んだ学生構成を目指しているからです。そういう意味では、留学生というのは「アメリカ人にはないもの」を持っていると言えます。

 

入学審査に必要なものは各大学によって異なりますが、以下のものは共通して必要と言えるでしょう。

入学願書

アメリカの大学の合否は、出願時に送られた書類の審査によって決定されます。

合否通知が届くまでの日数はおよそ2ヵ月ありますが、期限前でも定員に達した時点で締め切る場合もあります。ですので、提出期間はできるだけ余裕を持たせましょう。

成績証明書(英文)

3年間に学んだすべての科目の成績が記されたものを、英文で提出します。入学審査において、最も重視されるものです。

これはGPAと呼ばれ、4段階評価であれば2.0以上、5段階評価であれば3.0以上が合格できる一つの目安になります。

もし出願する時点で高校を卒業している場合、卒業証明書も準備してください。また、日本の大学からアメリカの大学への編入をめざす場合は、高校の成績表に加えて大学の成績証明書も提出します。

TOEFLなどのスコアレポート

英語を母国語としない留学生は、自己の英語力を証明する必要があります。大学よって入学に必要な点数は違いますので、しっかりと確認をしておきましょう。

TOEFLの必要点数の目安は以下のとおりです。

   二年制大学:TOEFL iBT 45~79点(英検準2級相当)

   四年制大学:TOEFL iBT 61~100点(英検準1級相当)

残高証明書(英文) アメリカで働かずに留学できる財力を証明するために必要です。本人または保護者が口座を持つ金融機関に依頼すれば作成してもらえます。
 申請料  大学によって金額は異なります。

以下のものは、大学によって異なります。希望する大学に必要なものを事前にしっかりと確認しましょう。

エッセイ

(英文)

大学にあなたのことを知ってもらうための、またその大学に入学したい熱意を伝えるための自己紹介文です。エッセイは合否を左右するとても重要な書類です。とりわけ私立大学はエッセイを重視します。

また、必須ではなくても自己アピールの材料としてプラス評価となる可能性が大きいため、提出をおススメします。

推薦状

(英文)

学力だけでは甲乙つけがたい希望者を比較する材料として使われます。

高校生は担任教師、大学生は学部の指導主任やゼミの担当教官にお願いするのが一般的です。学業での評価、学業以外の優れた点や才能、出願者が志望校で学ぶ意義を折り込みましょう。

推薦文を書いてもらうことを考慮して、日ごろから先生がたと信頼関係を築いておく努力が大切です。

 SATやACTなどのスコアレポート  アメリカの高校生を対象とした学力測定試験のことです。留学生は提出が免除されることが多く、その替わりに英語力を証明するTOEFLスコアの提出が求められます。