【アメリカ留学に必要な費用】

留学するときの大きな心配の一つが、「留学費用は一体どのくらいかかるか」ということでしょう。

 

学校(州立、私立)、留学期間、留学先(都会、田舎)、専攻する教科などにより、留学費用は大きく変わってきます。また、学費と学校のレベルは相関していることが多いので、レベルの高い大学を選ぶとそれだけ学費も高くなります。


オレゴン州での1年間の留学に必要な総額

 

アメリカで留学しようとすると、留学する場所によって金額が大きく変わります。

 

ここでは、オレゴン州の四年制大学の学費・教材費・生活費(寮費など)の金額の幅を出しています。この数字はあくまでも参考値としてみてください。

  学費 教材費 生活費(寮費など) 合計
州立大学 18,300~34,000ドル 1,100~1,400ドル 9,000~13,000 ドル 28,400~48,400ドル 
私立大学 28,000~66,000ドル 1,600~2,000ドル 4,600~14,000ドル 34,200~82,000ドル

ご覧のとおり、州立と私立でもかなりの差はありますし、同じ州立・私立でもレベルによって学費が全く変わってきます。

 

学校を選ぶときは、①州立・私立どちらにするか、②留学期間はどうするのか、③希望する大学が都会なのか田舎なのかを十分に考慮し、計画を立てるようにしましょう。

 

ここでは出していませんが、二年制州立大学(コミュニティカレッジ)の1年間の学費は州立大学の約半額で済みます。

 

ですので、2年間をコミュニティカレッジで主に一般教養(Liberal Arts)学び、専門課程に進むときに四年制大学(州立・私立)へ転校する、という選択肢もあります。